馬油は安価で保湿できるすぐれたアイテム

馬油

馬油(ばーゆ・まーゆ)を使った民間療法は昔から有名で、その効果はやけど・日焼け・肌の乾燥対策など、多岐にわたっていると信じられています。

こう聞くと、それってスゴいけど、本当に効果があるのかな?と一抹の不安を感じる場合もありますよね。

でも、ご安心ください。この馬油は、先進医療を提供している皮膚科専門医でさえその効果を認め、スキンケアアイテムに取り入れる事を推奨している医師がいる程すぐれたアイテムなのです。

なぜそんなに馬油が私たちの肌に良い効果をもたらすのでしょうか?それは馬油の成分に秘密があるのです。

(馬油の成分)
実はこの馬油、ミクロの脂と呼ばれている程非常に小さな分子構造なのです。そして、その成分は私たち人間の皮脂に最も近いため、つけた途端素早く肌に浸透し、まるで自分の皮脂のごとく肌になじんでくれるのです。

一度手や顔で試してみてください。つけた後数分もたてば油浮きなどもなく、肌表面がサラサラしていると思います。こうして、しっかりと浸透している事・その速さを実感してください。

(馬油の効能)
それだけではありません。実は馬油には、天然の化膿防止効果があるのです。そのメカニズムは至って単純。

肌についている細菌などを馬油内に封じ込める事により、その活動を停止させます。こうして、肌表面の細菌にダメージを与え、肌に起こっているトラブルを改善するのがこの馬油の化膿防止効果なのです。

また、最近の研究によって、馬油にはメラニン抑制・美白・シミ予防や改善に期待できる抗酸化作用がある事、シワ・タルミの防止や改善に期待できる血行促進作用もある事が分かってきました。これは、馬油が美肌全般に役立つ可能性を示唆しているのです。

(安心・安全)
天然成分100パーセントの馬油なら、口に入っても大丈夫。なぜなら馬油はそもそも食べられる物からできているからなのです。

なので、大人のスキンケアはもとより、赤ちゃんの顔や手、唇にすら使用できる安全・安心なアイテムなのです。

しかも、馬油には、もともとビタミンEという、天然の防腐剤と呼ばれる成分が含まれていますので、腐敗などの心配もなく、長い間使用する事が出来るのです。

■馬油を使う際に注意するポイント

そのような安価で保湿に優れた馬油ですが、使用する上でちょっと注意が必要なのです。それは使用する順番と、化粧水を同時に使用する事。これを守らなければ、馬油の効果を享受できないだけではなく、かえって乾燥を招くといった場合もあるのです。

(馬油を使う順番)
一般的なスキンケアの場合、洗顔→化粧水→乳液となりますが、馬油をスキンケアに取り入れる場合は、ケアの一番最初に馬油を使い、その後通常のケアを行う、あるいは馬油→化粧水→馬油とするといった方法もあります。

美容液などを使用している場合には、美容液→馬油→化粧水…という使用方法でもOK。つまり、化粧水の前に馬油を使うのです。

化粧水前に馬油を使用すると、化粧水の浸透を邪魔するのでは?なんて心配になりますよね。でも、心配ご無用なのです。馬油は私たちの皮脂とほとんど同じ成分ですので、乳液などの様に、肌にフタをしてしまう訳ではないのです。

むしろ、馬油は化粧水の導入液(ブースター)の役割を担ってくれているのです。すごいですよね。

という事で、馬油はスキンケアの一番最初、もしくは化粧水の前に使う、と覚えてください。

(馬油は水分の代わりにはならない)
馬油は保湿作用に優れていますが、これはあくまでも「水分を保つ能力」の事。馬油そのものが水分を含んでいる訳ではありません。

肌の皮脂不足で乾燥している場合には、馬油だけでも効果があるのかもしれませんが、肌の水分不足で乾燥しているのならば、馬油だけでは肌の乾燥は防げないのです。化粧水と合わせて使用して、馬油の保湿効果を存分に享受してください。

■馬油と同じように天然の保湿成分で有名なものは?

実は馬油以外にも、保湿効果の高い天然成分には、オリーブオイルや椿オイルに含まれるオレイン酸・ココナッツオイルに含まれるビタミンE・ホホバオイルに含まれるワックスエステルなどがあります。

そして、癒やしを求める方には、花から抽出されたカモミール・マンダリン・ネロリ・ジャスミンなどの精油もおススメ。

それぞれに違った特徴を持っていますので、目的に合った物を使用しましょう。

■人気の馬油商品はこれ!

そんな素晴らしい馬油。1つお勧めの商品をご紹介。それは、北海道純馬油本舗株式会社様の「北海道精製純馬油ピュアホワイト」

おススメする理由は純粋な馬油だけで作られている事。無香料で、添加物など一切使用していません。肌の弱い方でも、赤ちゃんにも安心して使用できるすぐれものなのです。

価格は馬油の中では少々高価ですが、一度の使用量が少ない馬油ですので、これ一瓶でも長く・あるいは家族全員で使用できるのではないでしょうか?一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です